HOME > 無線式ロードセル

無線式ロードセル

ワイヤーテンションメーター 資料ダウンロード
ラジオリンクプラス・アテックス 資料ダウンロード

日本初上陸の無線式(Wi-Fi 2.4GHz)ロードセル[国内無線基準クリア]

ラジオリンク・プラス

コントロール側にWi-Fi無線で表示

常にポピュラーで業界を牽引するロードリンク・プラスをベースに、ストレートポイント社は、(このラジオリンク・プラスで)デジタル式検力計市場に、再び標準を設定します。
業界をリードする無線機能を、ストレートポイント社の先進的なマイクロプロセッサーをベースにしたエレクトロニクス技術に追加する事により、このラジオリンク・プラスでは、その運用上の柔軟性、及び安全性が増し、250mまでの遠隔から荷重を監視出来るようになりました。 ストレートポイント社の無線システムは、IEEE 802.15.4 (2.4 GHz)規格の最新技術を使用しています。
当システムの専有トランスポートプロトコルは、ダイレクトシーケンススペクトラム拡散(DSSS)方式、及び4位相偏移変調(QPSK)方式を採用している為、高い整合性、エラーフリーのデータ転送を提供し、その性能は比類がなく、250m、若しくは800ftまでもの範囲の伝送が、無線の免許なしで行える能力を提供しています。
航空機グレードの高品質アルミニウムで構成されるストレートポイント社の先進的な内部設計構造の為、その重量に比べて、この製品は比類のない強度を誇ります。
ストレートポイント社のリンク式ロードセル型検力計は、同等の安全規格の他社競合品の最も近い製品に比べて、その重量は、平均で30% も軽く出来ています。
無線関連のアクセサリーは多岐に渡り用意されており、ユーザーフレンドリーなWINDOWSベースのソフトウエアーパッケージを含むもの、重心の測定や、データログを印刷する機能、また、同時に24台ものストレートポイント社製ラジオリンク・ロードセルのデータを単一のPCモニターに表示させることが出来るものもあります。

特徴と利点

  • 専有の2.4GHz 無線技術
  • 業界をリードする無線到達範囲
  • エラーフリーの伝送能力
  • 比類のない解像度
  • 環境密閉
  • 音響過負荷アラーム
  • 比類の無いバッテリー寿命
  • 内部アンテナ
  • コンパクトなサイズ
  • 遠隔伝送のオン/オフ機能
  • 軽量
  • ピークホールド
  • 先進的なオプションを用意
  • 風袋機能

仕様について

無線ロードシャックル

世界初、シャックルの形をした無線式ロードセル

無線ロードシャックルは、ストレートポイント社のテンション及び荷重監視関係製品群の最新の追加商品です。
すべてのストレートポイント社製無線ロードシャックルには、業界をリードするクロスビー社製高炭素鋼シャックルが使われている為、軽重量、且つ、低い頭上スペースを確保出来るので、タイトな吊り具セットを組付ける事が出来ます。
シャックルには、ストレートポイント社製の先進的なマイクロプロセッサー制御の無線エレクトロニクスシステムが搭載されている為、比類の無い解像度と、精度を提供します。
無線システムは、IEEE802.15.4(2.4GHz)規格の最新の技術を使用している為、高い整合性と、エラーフリーのデータ伝送を提供します。 当システムは、ダイレクトシーケンススペクトラム拡散(DSSS)方式、及び4位相偏移変調(QPSK)方式はもとより、専有トランスポートプロトコルを使用しています。
当無線システムは、その性能に比類がなく、250mまでの範囲の無線免許不要のデータ伝送能力を提供します。
無線ロードシャックル用電子システムは、頑丈な筐体内に収められており、環境密閉度は、IP65標準です。
それぞれの無線ロードシャックルは、荷重中央寄せボビン仕様で、ストレートポイント社SW-C手持ち式モニター(写真)、若しくは、ソフトウエアー及び無線用アクセサリー群と一緒に使用する事が出来ます。
フル機能の遠隔無線、比類のない解像度と精度のある恒久的で、最低限の頭上スペースの設備にしたい場合、また、創造的なソフトウエアーを使いたい、さらに荷重監視システム業界で、今日の最も先進的な無線システムを使いたいと言う場合、ひとつの社名が浮かびます。その名は、ストレートポイント社®です。

特徴と利点

  • 専有の2.4GHz 無線技術
  • エラーフリーの伝送能力
  • 環境密閉
  • 内部アンテナ
  • 遠隔伝送のオン/オフ機能
  • 業界をリードする無線到達範囲
  • 比類のない解像度
  • 比類の無いバッテリー寿命
  • 低い頭上スペース
  • 軽量
  • それぞれのWLSは、荷重中央寄せボビン仕様

仕様について

最大12台接続可能なロードセルシステム

コンパウンド・プラス

複数のラジオリンクを1台のコントローラーで表示

ラジオリンク・プラスをベースにして、コンパウンド・プラスロードセル・システムを使えば、数種類のラジオリンク・ロードセルを単一の先進的な手持ちディスプレーに接続し、個々の荷重と、合計荷重を見る事が出来ます。(単体システムで、最大12台のラジオリンクが接続可能です。)トン、若しくはポンドでのキャリブレーション、要望があれば、他の単位でもキャリブレート可能です。詳しくはお問い合わせて下さい。

何台のラジオリンクが必要かを決め、その他のオプションと一緒に、ストレートポイント社製の先進的な手持ち式ディスプレー、SW-AC を追加します。

特徴と利点

  • 専有の2.4GHz 無線技術
  • 業界をリードする無線到達範囲
  • エラーフリーの伝送能力
  • 比類のない解像度
  • 環境密閉
  • 内部アンテナ
  • コンパクトなサイズ
  • 遠隔伝送のオン/オフ機能
  • 軽量
  • 先進的なオプションを用意
  • 比類の無いバッテリー寿命

インコンサートTM

エンターテインメントの現場用

成長するエンターテインメント市場、及び常に増加する安全に対するニーズに応えて開発された、ストレートポイント社製 InConcertTM(インコンサート)重力計(ダイナモメーター)ロードセル・システムは、ダイナミックな吊り具・索具業界に対する、SP社の持つ費用効果のある問題解決手法の長いリストへのもう一つの追加項目です。

エンターテインメント会場でのステージ用索具は、エンターテインメント業界特有で、多岐に渡る標準の吊り下げ方法があります。索具システムや、装備は、一般的に照明具、オーディオ、ビデオ、舞台道具、特殊効果、その他の関連アイテムの吊り上げや位置固定をする為に使われます。恒久的、又は一次的なシステムにせよ、これらの索具で吊り下げられた荷重は、時には同時に動かす事もあり、舞台造りでは、通常ではあり得ない要求を突き付けられます。
ストレートポイント社から、これらの索具で吊り下げられている荷重を監視し、合計する事が出来る問題解決手法を提供しています。ストレートポイント社製ラジオリンク・プラス、及び無線ロードシャックル製品群をベースにして、インコンサートTMは、複数のロードセルを使使する事を可能にし、索具システム内の、静的、動的、また、ライブの、さらにアンカーポイントやフライポイントの横荷重を監視し、直感的な操作が出来るソフトウエアーを使って、荷重を表示させる事が出来ます。
詳しくはお問い合わせ下さい。

実績を重ね、さらに進化した標準タイプ

ロードリンク・プラス

荷重を本体に表示するスタンダードタイプ

ロードリンク・プラスは、世界初のディスプレー 一体型のエレクトロニック式力計測装置として世界的に知られ、1979年から生産されています。長年に渡って、この製品は拡張され、現在、ロードリンク・プラスは、日々、1トンから500トンまでの荷重監視に使用されており、製造、輸送、農業、石油/ガス、公共事業、航空宇宙産業、及びクリーンエネルギーなどの多岐に渡る産業、及び商業分野で使用されています。
このよく知られた製品の最新のバージョンは、先進的な特徴と利点を有し、今日の複雑な荷重テストや力監視のニーズに対して問題解決手法を提供しています。
ロードリンク・プラスでは、プッシュボタンで、風袋の設定、単位(ポンド、キロ、キロニュートン、トン)の選択、ピークホールド、風袋の事前設定、音響設定点警告、及び過荷重カウンター等がフルに設定出来ます。
先進的なマイクロプロセッサーベースの電子システムで、ロードリンク・プラスは、高速読込み(500/sec)が可能で、周辺ノイズに対する極度の抵抗、及び前例の無い安定性を示します。ロードリンク・プラスの5000を超える分割ピクセルは、現在市場に出回るどのデジタル検力計の中で、最も高い解像度を誇る為、高い安定性があります。
航空機グレードの高品質アルミニウムで構成されるストレートポイント社の先進的な内部設計構造の為、強度比率に対する比類の無い軽さで、当製品は、チャートのトップに位置します。ストレートポイント社のリンク式ロードセル型検力計は、同じ安全規格の他社競合品の最も近い製品に比べて、その重量は、平均で30%も軽く出来ています。

オプションで、ハンドヘルド・プラス、若しくは、デスクトップPC用データ処理ソフトウエア―パッケージ(DCP10M)と接続する事が出来ます。

特徴と利点

  • 大口径LCDディスプレー
  • 高精度
  • 選択可能な計測単位
  • 高解像度
  • ピークホールド
  • コンパクトなサイズ
  • 風袋
  • 軽量
  • 風袋の事前設定
  • 過荷重カウンター
  • 音響過負荷アラーム
  • RS-485 シリアル出力

仕様について

無線用アクセサリー

オプションのソフトやコントローラーを使用すれば荷重の変化やグラフやバランス計測、オーバーロード検知が行えます。

SW-OAM
無線過荷重アラームモジュール

SW-OAMは、荷重監視用ストレートポイント社製無線ロードセルのどのタイプでも、視聴覚アラーム装置を作動させるようにプログラムする事が出来ます。事前設定したポイントで、アラームは、a>250VAC、5アンペアのリレーをアクティブにし、開いたり、閉じたりする事が出来る状態となります。
無線過荷重検知システムに使用するのに最適です。 110-240VAC.

SW-A01i
アナログ出力の無線ベースステーション

ストレートポイントの無線ロードセルの製品群用に、設定可能なアナログ形式の出力を提供し、業務用に使用する為に、IP65/NEMA4保護の筐体内に格納されています。
出力は、事前にキャリブレートされた電圧と、電流範囲から選択出来ます。
0-10 ボルト, ± 10 ボルト, 0-5 ボルト, ± 5 ボルト, 0-20 ミリアンペア, 4-20 ミリアンペア。
PLC(プログラマブルコントローラ)との連携に有益です。

SW-SO シリアルポートへの出力ASCII 文字コード用モジュール

このモジュールは、RS232規格のシリアルポートに、8台までのストレートポイント社製無線ロードセルのデータを、プログラム可能なASCII文字コードで出力します。オプション機能で、合計する事も出来ます。この出力形式は、シンプルなRS232入力が可能な多くのデバイスに接続するのに適しています。

RDCP
デスクトップ・コントローラー

ロードセルの完全な遠隔制御を可能にする無線用WINDOWS ベースのソフトウエアー。
ユーザーによって設定する入力時間間隔(最低3ヘルツ) で、時間/ 日付、及び荷重のデータログをスプレッドシートへの出力が可能です。
個別にUSB ポートを1つ割り当てる必要があります。

SW-MWLC
複数無線ロードセル制御用ソフトウエアー

WINDOWS PC用に24台までの無線ロードセルを接続し、無線で参照し、CSV形式のファイルに出力する為のソフトウエアー。
ロードセルの台数(最大24台)を設定し、空きチャンネルに、データ合計や、ピークその他を記録するように設定して下さい。
これらの設定は保存出来、いつでも呼び出す事が出来ます。

SW-SD
無線スレイブ・ディスプレー

ラジオリンクの荷重を無線で表示する事が出来る125MM/5”の赤色LEDのスレイブ(従属)・ディスプレー。
ガントリークレーンなどでの監視に適しています。主電源(110-240VAC)が必要です。

SW-SB
無線シグナルブースター(増幅器)

SWシグナルブースターモジュールは、無線ロードセルの電波を、障害物を廻り込ませたり、伝播範囲を広げたりする為に、増幅させる事が出来ます。

ストレートポイント(SP)社のご紹介

1976年の創立以来、ストレートポイント社は、1,000トンを超えるキャパシティーの力計測、荷重監視、及び吊り下げ式重量測定用ロードセルの幅広い製品群の設計、及び製造に関して、世界的なリーダーであり続けています。

南イングランドの工場では、SP社エンジニアリングチームが、以下を含む第一級の幅広い製品群の設計、製造に携わっています。

  • 引張リンク式ロードセル
  • 遠隔測定用ロードセル
  • シャックル式ロードセル
  • 圧縮式ロードセル
  • ロードピン
  • データ処理用ソフトウエアー

製品はすべて出荷前に完全に試験され、アルミ製フライトケース(若しくは、大容量木製パレット)に梱包され、翌日には、マニュアル、キャリブレーション/保証試験証明書、及びCE適合宣言書などのすべての書類を同梱して出荷されます。
また、SP社は、ワールドクラスのキャリブレーション、及び修理サービスを、すべてのモデル、メーカー製ロードセルに対して提供しており、さらに、短期、及び長期に渡るレンタル用ロードセルの広範な種類の在庫を用意しています。

SP社製品は、世界的に多くの業界で使用されています。

  • 船舶海運業界
  • 検査業界
  • 鉱業界
  • 輸送業界
  • 健康と安全
  • クレーン、及び艤装業界
  • 石油、及びガス業界
  • 建設業界
  • 発電業界
  • 公益事業

何百単位の在庫を常備し、1000トンを超えるキャパシティーの標準品を、世界の何処にでも迅速に納入出来る事をSP社は目指しています。
SP社は、研究開発に対して継続的に投資し、設備を常にアップグレードし、顧客の要求に対応出来るように、製品性能を常に改良しています。SP社は、常に技術の最先端に位置しています。